スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢シンドロームを尋ねて。軽井沢滞在編

羽田さんが政界を引退するそうな。後継者は息子だと思ったけど岡田幹事長がダメだと言ってるみたい。
まあ、自分達で世襲の範囲を狭める党の決まり事を決めたんだから当たり前か。羽田さんも元総理なんだから、党則をよく覚えてないといかんよww

小諸にて待望の一泊!温泉は次の日の翌朝にも入浴してキレイサッパリ。
ここの、朝食は値段のわりに結構な物を出すので、7時に食堂が開くとすぐに食べに行った。コメントで杉山さんが予想してたホテルですwwここは小諸に来る時は必ず一泊はします。
食事は朝定食ではなく、ビュッフェ形式の食べ放題。私は昼と夜は食わなくても我慢できますが朝は食べないと力が出ないタイプなのです。
素早く御盆をとり、茶碗、汁碗、皿二枚をセット!ご飯はもちろん大盛り!まんが日本昔話みたいな量w。そして皿その1には、ソーセージ、スクランブルエッグ、焼き鮭を二人前程のせて次に皿その2には、野菜サラダにポテトサラダ、豆腐を乗せたがまだ欲しい物があったので小皿を追加。小皿には野沢菜をはじめ数種類の漬物を配備!
いよいよ、朝食タイムだ!・・・いや、待て!大事な物を忘れてた!味噌汁だ!。信州に来て思ったのが、とにかく味噌汁がウマイ!このホテルのビュッフェでもそれは例外ではなく、やはり美味かった。
朝から、体育系の学生の様にガツガツ食べる。もちろんご飯はお代わり。味噌汁もおかわり、皿の惣菜もお代わり。漬物は昨日酒飲んでる時にこれがあればなあ~などと思いながらお代わり。
30分程で食べたがベルトを緩めてしまうほどにお腹はパンパンww。部屋にもどり1時間程休憩。もう一回風呂に入り、それが終わると出発準備。
結局、ホテルを出たのが9時30分くらいだったと思う。チェックアウトを済ませ懐古園にちょっと寄って入り口を少し眺めたあと、いよいよ小諸駅へ!
軽井沢行きの切符を購入。毎回思うのだが、しなの鉄道は料金高いよ。私鉄で赤字かもしれないけどバスなんかがないのだからもうちょっと安くなんないかな?
この時間には小諸もかなり暑くなってきた。汽車に乗るとエアコンが効いてて涼しい。暫くすると汽車(電車?)は軽井沢に向けて発車。乗客はまばら。しかし、御代田に着くと一斉に乗り込んできて人数が増えた。もちろん皆さん軽井沢に向かうのである。御代田には結構宿泊施設がある為軽井沢には宿泊せず、御代田に泊まる人が結構な数いるみたいだ。
そして電車は軽井沢へ。もちろん私も下車。しかしここでも毎回思うのだが、なぜにしなの鉄道の改札へと昇る階段の幅はあんなに狭いのだ?シーズン中はかなりの人が使うのだからもっと広くできないものだろうか?。
軽井沢の改札をくぐると人波が北と南の両で入り口に分かれる。7割方は南だ。北口はそんなに込んではいなかった。やはりアウトレットが人の流れを変えてしまったんだろう。
私は北口へと足を向けた。まずは入り口端に有る喫煙場所で煙草を一服。ここは、かなり風が吹いてきてるのでえらく涼しいのだ。結局30分程いましたwww
さて煙草も吸ったし行きましょうか本日も!「古月堂」さんへ!
新道を東雲の交差点まで、てくてく歩き昨日に続きまたもや来ました古月堂。すでにランチサービスの時間となっていた古月堂・・・いや私にとっては「ら・くか」へ入店。
前にも書いたが軽井沢の喫茶店にはクーラーは無い!この日も軽井沢は暑かったが、店の中は風が通り抜けていて快適だった。マスターも流石に昨日、こーへーさんとここにいたので私を見て、
「おっ。今日もきましたねw」
と笑顔でお出迎えしてくれました。今日は食べるもの決めてるんだ!初日はなぜか「バナナパフェ」を食べてしまったが、今回は念願の古月堂名物の一つ、「ジャンボ・パフェ」だ!ちなみに、チョコレートソースww
でました!ジャンボパフェ780円
堂です?煙草が小さくみえるでしょ?実際見るともっとでかいですよww
話や写真では見た事があったが、ついに本物を食する日がやってきた。甘い物は実際は余り得意ではないのですが、ここに来たら絶対に食べてやろうと思っていたので、早速食べてみた。ソフトクリームは初日のバナナパフェと同じ物なのですが、やっぱり濃厚で美味い。体も冷えるし丁度良いのだ。
しかし・・・・・


つづく
スポンサーサイト

軽井沢シンドロームを尋ねて。やっとの小諸宿泊編

毎度の事ながら更新がまたおくれてしまいました。いや、一応理由はあるんですが、現在はちょっとお話できませんww

いよいよ、たがみ邸を去る時間になりました。わざわざ、たがみ夫妻が外までお見送り、いたみいります。
私は再び、こーへーさんのナビシートへ。その際なかなかシートベルトのハーネスがはいらなくて、たがみ夫人にお手伝いをしていただきやっと乗車。
たがみさんも、こーへーさんの耕平使用のジープを見るのが楽しみだったらしく、嬉しそうに見てました。
「このロール・バーの太さの段差なんか完璧だね!。」
つまり、このジープはたがみよしひさ氏の認める耕平ジープって事です。
本日のお礼を何度も言い、いよいよ出発。たがみさん夫妻からは「気をつけてね」と声をかけていただき、再開をお約束してジープはたがみ邸から発車しました。
こーへーさんには、今日こそ小諸のホテルに泊まりますんで、適当なところで下ろしてくださいとたのむ。
「いいですよ。面倒だから小諸駅まで行っちゃいましょ」
助かりました。わざわざ遠回りをさせてすみませんでした。そしちてありがとうございます。
たがみ邸から15~20分もしない内に小諸駅へ到着。
こーへーさんとまたの再会を約束してお別れをしました。
今回、こーへーさんと出会えて色々なお話や、生き方や人生観みたいなものを聞かせてもらって、大変私にとってはプラスになる事ばかりでした。
こーへーさんありがとうございました。ぜひまたお会いしてください。

こーへーさんと別れたわたしは、宿泊先のホテルにチックインする前にコンビにで、今日の晩酌と夕飯を購入。晩酌用の「まえん」緑はお土産にばけましたので、信州産の日本酒「真澄」の純米酒を購入。それに、たがみさんが飲まれていて気になっていた「氷結・早ヅミれもん?」をも購入。もちろん「麒麟・グリーンラベル」の500を二本も忘れずに!あとは、せっかく信州にきてるんだから野沢菜漬けや、九州では売ってなかった惣菜などを購入。結局袋二つ分になるほど買いましたw。
その後、ホテルにチェックイン。とにかく汗をかいていたので、部屋にはいったらエアコン前回にして買って来た物を冷蔵庫へ要れ、いざ大浴場へ!
今回泊まったホテルは、温泉付き!しかも源泉をもってるのでかけ流し。大変良いお湯でございました。40分程の入浴を終え部屋にもどると、良い具合にエアコンが効いていて早速晩酌開始!「真澄」は軽井沢に来るたびに必ずのむ日本酒。大変美味しゅうございました。結局この日は、酔って早く寝てしまいました。。
明日からはいよいよ軽井沢へ滞在です!


つづく

軽井沢シンドロームを尋ねて。inたがみ邸

またまた更新がおくれました。なんとか仕事の山場を越え、時間的に少し余裕が持てるようになりました。
toyozoさん、じょのブログでの私信や連絡なんかに使うのはぜんぜん構いませんよ!
むしろ活用してくださいw。こーへーさん、御自分では気づかないだけで私からみたらあなたは、かっこいいいです!本当に。


昨年の12月以来のたがみ邸のリビング。今回はこーへーさんと二人でお邪魔しました。たがみさんはいつもの体勢の形で座って何か飲んでました。(いつもの体勢は、「軽井沢シンドローム・スプラウト」のあとがき参照。手の骨が折れた回)私達二人はたがみさんの正面に座らせてもらいました。
「ちょうど今さっき終わった所なんだよ~」
お仕事終わりに恐縮です。座るとすぐに奥様から麦茶が出されてありがたかったです。(実はかなり、喉が渇いていた)まずは私目が、「まえん」(笑)こと「閻魔」の緑ラベルを進呈。これは私も愛飲しているもので、かなりの麦焼酎好きでないとクセがあって辛い品物ながら、たがみさんはの焼酎レベルはかなり高いので安心ww
「あっこれ飲んだ事あるよ。おいしいよね」
って、たがみさん飲んだ事あるんっすか!!そういえば、ネカフェに泊まった日にマツヤに行った時に「閻魔」の白売ってたなあw値段は九州のほうが安かったが。しかし、「閻魔」もメジャーになったんだな・・・・。次の土産は珍しいのにしよう。
こーへーさんも焼酎と奥様にも忘れずにお土産を持ってきていた。私は他に土産になるものが無かったので申し訳なかったです。今度またお菓子の詰め合わせでも送ります。
ところで、たがみさんが飲んでいたのは、缶チューハイでしたww仕事の後の一杯でしたでしょうからサゾヤおいしかったでしょう。三人で色々話をさせてもらいました。途中からたがみ婦人のひろみさんも参加して、漫画の事
、お酒絡みの事や病気の事で大変盛り上がりました。そんな話題の中で私の事へ話しが及びましたwこーへーさん、ひろみさんお二人そろってまったく私が病人に見えないと言ってましたwwwww
たしかに、九州からわざあざ軽井沢までくる精神を病んでる人なぞめったにいないでしょうからww。
実際は、一人の時はほとんど動かない銅像なんですよwただ、昔から変な所で決断力があるので今につながっています。
暫くすると、たがみさんがキッチン方面へ二本目ですな!と思ってたら、たしかに二本目なんですが、私には麒麟のグリーンラベル(実は私の一番好きな銘柄!アサヒとこれどっちか選べと言われたら、迷わずグリーン。)、こーへーさんには車の運転があるのでノンアルコールのフリーを渡していました。しかし、たがみ邸で酒がのめるとはww。
「ビーパル」9月号のように、プシュッ!とやって乾杯~!ができました。あのたがみよしひさと酒がのめるとは・・・・世の中不思議です。車じゃなきゃ、こーへーさんとも腰据えてのみたかったな~
この後も談笑。ためになるお話をお二人から聞けて大変有意義な時間でした。
しかし楽しい時間の過ぎるのは速いもの。いよいよ私とこーへーさんの帰る時間がやってきました。


つづく

軽井沢シンドロームを尋ねて。再びの小諸編

またまた更新が遅れてますw
ちょっと仕事にプライベートに忙しくてなかなか更新にまで、手が回ってませんでした。


2時くらいでしたかな?小諸に到着。やっぱり軽井沢の方が涼しいのがよく分かりました。
小諸は結構な暑さでしたが、フルオープンのジープに同乗させて頂いた私は汗はまったくかいてはいませんでした。ジープに乗ってる時もいろいろお話をさせて貰いましたが、こーへーさんは物凄く、自分自身を持ってる感じの片でした。人生観みたいな事も語ってくれて、たいへん自分も感銘をうけました。こーへーと言うハンドルネームに偽りなし!耕平ちゃんみたいな方です。

小諸にこーへーさんが来た用事。私もその場所に連れて行って頂ました。傾斜のあるのぼり坂を上って行くと、目的地へと着きました。
その目的地とは・・・・・「たがみよしひさ」邸!私も昨年伺った事のある場所です!耕平使用のジープでたがみ家!なんか凄くないですか!?
私は今回はたがみさんのお宅には伺う予定ではなかったので正直に言うとうれしさ半分、緊張半分でした。まあたがみさんのお宅に伺う時は大体そうなんですがww
こーへーさんはたがみさんに、お渡ししたい物があるらしく伺ったのでした。ジープを路肩に止め、こーへーさんは玄関へ!私は助手席のまま待機。
なぜに待機かと言うと、渡すものをわたしたら御迷惑にならない様に帰る予定だったからです。私も一応なにかお土産をお渡ししたいと思い、自分の夜の寝酒用の「まえん」の緑の焼酎をごそごそバックから用意してました。
一分もしないうちに、こーへーさんが戻ってきました。
「どうぞ、入ってくださいだって。原稿がさっきUPしたらしいよ。さあいきましょ」
まじで!まさかまたお話できる事になろうとは!こーへーさんは素早くジープを敷地内に駐車!そして私もこーへーさんと共に玄関へ、そこには昨年の12月にお会いした、たがみ夫人がいらしゃいました!
「どうぞ~。中に入って。」
お言葉に甘えて中に入りました。そして、なぜか見慣れたリビングへww(このリビングを見慣れてるのは「軽井沢シンドローム・スプラウトの相沢邸と間取りが一緒なためですww)
そこには、お仕事をなんとかUPさせて何かを飲んでいたたがみよしひささんが座っていました。


つづく

軽井沢シンドロ^-ムを訪ねて。古月堂再来店とこーへーさん

 前回更新してから随分放置状態でしたw体調が悪いことと仕事でなかなかブログまでに手が回らないのが現状でしたので。いやまだ続いてるかwしかし時間もあるし更新をすることにしました。

 芦原中学を経由して再び小諸駅に到着。丁度いい時間に軽井沢行きの列車がやって来た。その列車に乗り込み再び軽井沢を目指した。この日も小諸や軽井沢周辺は夏日!動かなければ汗をかく事はないという気候だった。
軽井沢駅に着くと、早速古月堂へと思われるでしょうが、そこは私はなんとスルーしたのですww
実は前日の土曜の旧道が人が少なかったので、日曜日の混み具合を見てみたかったのです。古月堂を通る時に一応中を覗いて見ました。カウンターに男性が一人座ってました。駐車場をチェックするのを忘れてました。
カウンターの男性はもちろんこーへーさんでしたww
旧道を見てから再び古月堂へその時に初めて、駐車場の奥にジープが止まってる事に気づきました。急いで古月堂へ!
「はじめまして、こんにちは。何処に行くのかとおもったよ」こーへーさんとの生会話。申し訳ありませんでした。ちゃんと理由を述べると「でも、マスターや店員さんと話しが出来て丁度よかったよ」と言ってくれて助かりました。当日はすみませんでした。
こーへーさんは服装はドイツ軍の軍服に帽子にゴーグル付き。たがみよしひささんの戦車物の漫画の中尉と同じ格好でした。(ベルリンの豹でしたっけ?)
大変、優しそうな感じの方でリラックスしてお話ができました。もちろん、あのたがみさんにこれは耕平のジープそのまんまだ!と言わせたジープ共ご対面!
かっっこいいい!この一言に尽きる!ロールバーの太さなんかも完璧だし、ちゃんとサーチライトも着いてる。
シートもバケットでかっこいい。ホイールも軍隊使用になっており素晴らしい。
最初はフードを掛けた状態でしたが、それを外してもらい、まさに耕平使用ジープですよ!
でもね・・・・写真撮らせて頂くのを忘れてたのです。もう興奮してねw
暫くは古月堂で談笑。マスターも時折混じってたがみさんの面白話してくれたりww
そして、こーへーさんは小諸に行く時間になりました。私の宿も小諸ですと言うと、「じゃ、一緒に行きましょう」てな具合になって、私の夢であった「軽井沢をジープで走る!!」と言う夢がいとも簡単に叶ってしまいました。
「折角だから、耕平と純生が絵里に案内されて、松沼邸まで行く道をはしりましょう」
これはたまらん!耕平たちが走った道を行くとは!その際、フロントも倒してくれてますます気分は盛り上がる!
六本辻を抜け雲場池にいき、泉の里へ。さらに離れ山の山道にも。気持ちよかったなー。なんか初めてバイクをノーヘルで乗った時の事を思い出した。
御代田、信濃追分と風が冷たくて気持ち良かった。小諸周辺にきたら流石に標高も400くらい下がってるので風が温かくなった。
そして二人で小諸にはいりました。

                                  つづく

軽井沢シンドロームを訪ねて。小諸死闘編

 私はひたすら歩きファミレスに近づいた。しかしよく見るとファミレスの下の道路沿いに、おおきな古本屋があった。ここだ!私はまずファミレスではなく、この古本屋に入る事にした。なぜかって?それは大きな古本屋はエアコンが良く効いているからですww
いや、結構歩いて暑くなってたんですよ。予想通りエアコンが良く聞古本屋さんで、小説などを読みながら涼み、体力を回復した。そして、晩飯と冷たいビールのために再びファミレスへ足を向けようとしたとき、この本屋の向かいにセブンイレブンがある事に気づく!。さらに、ファミレスの向かいにスーパーマツヤ!、その横にはインターネットカフェ。つまりネカフェがあったのでした。
ネカフェにはナイトパックと言う格安のパック料金があるのを思い出し、確認へ!予想通りナイトパック12時間があった!。まだナイトパックの時間まで時間があったため、マツヤでビールと惣菜を買い、マツヤ前の喫煙ベンチでビールと惣菜で晩飯。ファミレス行くよりも安く上がったし、煙草も吸える。
ナイトパックの時間までビールをだらだら飲み、時間になったので入店。店内は飲み物はフリー。スープなんかもあった。結局この日はネカフェで一泊と言う事になってしまった。


 翌日、あさ八時にネカフェをあとにして歩いて再び小諸駅へと向かう。
その途中、「芦原中学校入り口」とかかれたバス停を発見!芦原中学と言えば、たがみさんのお兄さんである「小山田いく」さんの代表作「すくらっぷ・ぶっく」の舞台にもなった場所だ!そんな私もすくらっぷ・ぶっくや星のローカスが好きな人間!もちろん行きましたよw芦原中学
「すくらっぷ・ぶっく」の聖地、芦原中学

生徒さん部活やなんかで結構居たので、校門前の写真は撮れませんでしたww変質者と間違われるのも嫌だしw
思わぬ聖地をみつけ幸先のいい朝となった写真を撮り終わると、再び小諸駅へ!本日は、こーへーさんとお会いする日なので古月堂へと急いだ。

軽井沢シンドロームを訪ねて。小諸編

 この日小諸は暑かった。高原の街と言うイメージからはかけ離れた暑さだった。
こんな暑い日は温泉に入って早く寝るに限る!と思い、予約を入れていた某温泉付きホテルへと急いだ。
このホテルは、小諸に来た時は必ず泊まるホテルで、ネットでだが予約を入れておいたのだ。シングルの部屋数はかなりあるので、ぎりぎりでも予約が取れたみたいだった。
ホテルのフロントに着くと、名前を告げて部屋の鍵を受け取る為にまった。
ここで、ホテルの従業員がおかしな事を言う、
「ご予約は入っていませんが?」と・・・・・。
そんな事はないはずだ!予約した時の控えをプリントアウトして来ていたのでそれを見せる。フロントの中が慌しくなる。暫くすると、たぶんこのフロントのチーフか何かの役職着きの男性が現れ、
「申しわけございません。予約をダブルブッキングしていたみたいで・・・・。お客様の携帯に何度かご連絡を差し上げていたのですが、お出にならなかったもので・・・」
慌てて携帯を確かめた。そこには着信ありが何度の昨日から表示されていた。
こうなると、電話に出なかった私も悪い。そこで提案!スウィートをシングルで泊まらせてくれないか?そう言ってみた。しかし、残念と言うか驚いたのだがスウィートも満室らしいのだ。電話は昨日、から何回も掛かって来ていたので無理は言えない。仕方なく再び小諸の街へと足を向けた。
その後、駅の電話帳と携帯での検索で手当たりしだい色々なホテルに電話をかけて空室はないか?と訪ねるものの、答えはすべて「いいえ」でした。
そんな事をしていると、陽も暮れてかなり涼しくなった。昼間は30度近くあったみたいだが、夜になると流石は高原の街。かなり涼しい。これだけ涼しいのなら野宿もアリだな!などと思いながらとりあえずは駅から離れてみるか。と言う気分になったので歩いててくてく小諸IC方向へと足を延ばした。
歩く事15分くらいだろうか、ファミレスの看板が見えた。そろそろ晩飯も食わないといけなかったので、まずはファミレスの看板を目印に歩いていった。
                                  つづく
プロフィール

yamakazu001

Author:yamakazu001
FC2ブログへようこそ!
この度、ブログを再開しました。
鬱に自律神経失調症、パニック障害、統合失調症をわずらってます。なんとか生きていけてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。